2017年11月4日土曜日

【コラム】スキルス性の卵巣がんと名乗る方がいるようです。

いつもスマイリーの活動にご理解いただきありがとうございます。
代表の片木です。

最近ツイッターで話題になってるのですが、「余命3ヶ月のガンが食事療法で消えた」ような本を出している料理研究家の方がおられるようです。
その病名は「スキルス性卵巣がん」。

(大場先生のブログ)
http://masaruoba.hatenablog.com/entry/2016/06/18/140202 
(五本木クリニックのブログ)
https://www.gohongi-beauty.jp/blog/?p=23131
https://www.gohongi-beauty.jp/blog/?p=23155
  
私も、上記ブログに同感です。

スキルス性の卵巣がんなんて卵巣がんの病理分類にないのだもの。
主治医の先生が間違えて伝えたのか(普通本を出す前に確認するよね)、それとも本人の思い違いか・・・。
 
ちなみに本を3冊出されているようで、2冊目に1冊目に書いたことの一部が虚偽であることを認められているのですが卵巣がんは相変わらずスキルス性なんですかね・・・。
 
卵巣がん患者さんの中には、本当に一生懸命医師と話し合い治療に向き合っておられても、再発や再々発に不安を覚え、なんとかならないかと考えておられる患者さん、家族は少なくありません。
だからこの本を買ってしまった患者さんからの話を耳にするたびに悲しくなります。
 
でももしこの人が本当に卵巣がんだったら・・・と思いこれまであまり大々的に変だとは言わなかったのですが2冊、3冊と本を出されるとさすがにちょっと見過ごせないなぁと思いました。

(下記、卵巣がん診療ガイドラインからの病理分類の転載ですが、先日の日本癌治療学会で病理分類を日本もWHOの分類に合わせていくというお話もあったのでその辺はご理解ください:それでも変更点にスキルス卵巣がんはありませんでした)

1.卵巣腫瘍取扱い規約 第1 部(2009 年12 月,第2 版)
コード番号はInternational Classification of Diseases for Oncology(ICD-O),第3 版に基づいた。
Ⅰ.表層上皮性・間質性腫瘍 Surface epithelial-stromal tumors
  1. A.漿液性腫瘍 Serous tumors
    1. 1.良性 Benign
      1. a.
        漿液性腺腫 Serous adenoma
        8441/ 0
        (漿液性囊胞腺腫 Serous cystadenoma,漿液性乳頭状囊胞腺腫 Serous papillary cystadenoma)
      2. b.
        漿液性表在性乳頭腫 Serous surface papilloma
        8461/ 0
      3. c.
        漿液性腺線維腫 Serous adenofibroma
        9014/ 0
        (漿液性囊胞腺線維腫 Serous cystadenofibroma)
    2. 2.境界悪性 Borderline
      1. a.
        漿液性境界悪性腫瘍 Serous borderline tumor
        8442/ 1
        (漿液性境界悪性乳頭状囊胞性腫瘍 Serous borderline papillary cystic tumor)
      2. b.
        漿液性境界悪性表在性腫瘍 Serous borderline surface papillary tumor
        8463/ 1
      3. c.
        漿液性境界悪性腺線維腫 Serous borderline adenofibroma
        9014/ 1
        (漿液性境界悪性囊胞性腺線維腫 Serous borderline cystadenofibroma)
      4. d.
        微小乳頭状パターンを伴う漿液性境界悪性腫瘍
        Serous borderline tumor with micropapillary pattern
        8442/ 1
    3. 3.悪性 Malignant
      1. a.
        漿液性腺癌 Serous adenocarcinoma
        8441/ 3
      2. b.
        漿液性表在性乳頭状腺癌 Serous surface papillary adenocarcinoma
        8461/ 3
      3. c.
        漿液性腺癌線維腫 Serous adenocarcinofibroma
        9014/ 3
  2. B.粘液性腫瘍 Mucinous tumors
    1. 1.良性 Benign
      1. a.
        粘液性腺腫 Mucinous adenoma
        8470/ 0
        (粘液性囊胞腺腫 Mucinous cystadenoma)
      2. b.
        粘液性腺線維腫 Mucinous adenofibroma
        9015/ 0
    2. 2.境界悪性 Borderline
      1. a.
        粘液性境界悪性腫瘍 Mucinous borderline tumor
        8472/ 1
        1)腸型 Intestinal type
        2)内頸部様 Endocervical-like
      2. b.
        粘液性境界悪性腺線維腫 Mucinous borderline adenofibroma
        9015/ 1
    3. 3.悪性 Malignant
      1. a.
        粘液性腺癌 Mucinous adenocarcinoma
        8480/ 3
      2. b.
        粘液性腺癌線維腫 Mucinous adenocarcinofibroma
        9015/ 3
    4. 4.壁在結節を伴う粘液性腫瘍 Mucinous tumor with mural nodule
      *粘液性腫瘍の良性・境界悪性・悪性の別と壁在結節の組織診断を明記する。
    5. 5.
      腹膜偽粘液腫を伴う粘液性腫瘍 Mucinous tumor with pseudomyxoma peritonei
      8480/ 3
      *粘液性腫瘍の良性・境界悪性・悪性の別を明記する。
  3. C.類内膜腫瘍 Endometrioid tumors
    1. 1.良性
      1. a.
        類内膜腺腫 Endometrioid adenoma
        8380/ 0
        (類内膜囊胞腺腫 Endometrioid cystadenoma)
      2. b.
        類内膜腺線維腫 Endometrioid adenofibroma
        8381/ 0
    2. 2.境界悪性 Borderline
      1. a.
        類内膜境界悪性腫瘍 Endometrioid borderline tumor
        8380/ 1
        (類内膜境界悪性囊胞性腫瘍 Endometrioid borderline cystic tumor)
      2. b.
        類内膜境界悪性腺線維腫 Endometrioid borderline adenofibroma
        8381/ 1
    3. 3.悪性 Malignant
      1. a.
        類内膜腺癌 Endometrioid adenocarcinoma
        8380/ 3
      2. b.
        類内膜腺癌線維腫 Endometrioid adenocarcinofibroma
        8381/ 3
      3. c.
        癌肉腫 Carcinosarcoma
        8950/ 3
      4. d.
        腺肉腫 Adenosarcoma
        8933/ 3
      5. e.
        低悪性度類内膜間質肉腫 Endometrioid stromal sarcoma, low grade
        8931/ 3
      6. f.
        未分化卵巣肉腫 Undifferentiated ovarian sarcoma
        8805/ 3
  4. D.明細胞腫瘍 Clear cell tumors
    1. 1.良性 Benign
      1. a.
        明細胞腺腫 Clear cell adenoma
        8310/ 0
        (明細胞囊胞腺腫 Clear cell cystadenoma)
      2. b.
        明細胞腺線維腫 Clear cell adenofibroma
        8313/ 0
    2. 2.境界悪性 Borderline
      1. a.
        明細胞境界悪性腫瘍 Clear cell borderline tumor
        8310/ 1
        (明細胞境界悪性囊胞性腫瘍 Clear cell borderline cystic tumor)
      2. b.
        明細胞境界悪性腺線維腫 Clear cell borderline adenofibroma
        8313/ 1
    3. 3.悪性 Malignant
      1. a.
        明細胞腺癌 Clear cell adenocarcinoma
        8310/ 3
      2. b.
        明細胞腺癌線維腫 Clear cell adenocarcinofibroma
        8313/ 3
  5. E.移行上皮腫瘍 Transitional cell tumors
    1. 1.良性 Benign
      1. a.
        ブレンナー腫瘍 Brenner tumor
        9000/ 0
    2. 2.境界悪性 Borderline
      1. a.
        境界悪性ブレンナー腫瘍 Borderline Brenner tumor
        9000/ 1
    3. 3.悪性 Malignant
      1. a.
        悪性ブレンナー腫瘍 Malignant Brenner tumor
        9000/ 3
      2. b.
        移行上皮癌 Transitional cell carcinoma[非ブレンナー型non-Brenner type]
        8120/ 3
  6. F.扁平上皮腫瘍 Squamous cell tumors
    1. 1.良性 Benign
      1. a.類表皮囊腫 Epidermoid cyst
    2. 2.悪性 Malignant
      1. a.
        扁平上皮癌 Squamous cell carcinoma
        8070/ 3
  7. G.混合型上皮性腫瘍 Mixed epithelial tumors
    1. 1.
      良性 Benign
      8323/ 0
    2. 2.
      境界悪性 Borderline
      8323/ 1
    3. 3.
      悪性 Malignant
      8323/ 3
      *構成成分を明記する。
  8. H.
    分類不能の腺癌 Unclassified adenocarcinoma
    8140/ 3
  9. I.
    未分化癌 Undifferentiated carcinoma
    8020/ 3
注) 上記の()内の名称は,肉眼所見を加味してそのように呼ぶことができるが,日常診断においては必ずしもそこまでは求められない。
Ⅱ.性索間質性腫瘍 Sex cord-stromal tumors
  1. A.顆粒膜・間質細胞腫瘍 Granulosa-stromal cell tumors
    1. 1.顆粒膜細胞腫 Granulosa cell tumor
      1. a.
        成人型顆粒膜細胞腫 Adult granulosa cell tumor
        8620/ 1
      2. b.
        若年型顆粒膜細胞腫 Juvenile granulosa cell tumor
        8622/ 1
    2. 2.莢膜細胞・線維芽細胞性腫瘍 Theca cell-fibroblastic tumor
      1. a.
        莢膜細胞腫 Thecoma
        8600/ 0
        * 黄体化したものであるときは黄体化莢膜細胞腫Luteinized thecoma 8601/ 0 とする。
      2. b.
        線維腫 Fibroma
        8810/ 0
        *富細胞性であるときは富細胞性線維腫Cellular fibroma 8810/ 1 とする。
      3. c.
        線維肉腫 Fibrosarcoma
        8810/ 3
      4. d.
        僅少な性索成分を伴う間質性腫瘍 Stromal tumor with minor sex cord elements
        8593/ 1
      5. e.
        硬化性間質性腫瘍 Sclerosing stromal tumor
        8602/ 0
      6. f.その他 Others
  2. B.セルトリ・間質細胞腫瘍 Sertoli-stromal cell tumors
    1. 1.セルトリ・ライデッヒ細胞腫 Sertoli-Leydig cell tumor
      1. a.
        高分化型 Well differentiated
        8631/ 0
      2. b.
        中分化型 Of intermediate differentiation
        8631/ 1
      3. c.
        低分化型 Poorly differentiated
        8631/ 3
      4. d.
        網状型 Retiform
        8633/ 1
        * 異所性成分を伴うものwith heterologous elements は,セルトリ・ライデッヒ細胞腫としての組織亜型b~d と異所性成分を明記する。中分化型と網状型は8634/ 1,低分化型は8634/ 3 とする。
    2. 2.
      セルトリ細胞腫 Sertoli cell tumor
      8640/ 1
  3. C.ステロイド細胞腫瘍 Steroid cell tumors
    1. 1.
      ステロイド細胞腫瘍 Steroid cell tumor
      8670/ 0
      * 発生部位が卵巣間質か卵巣門かを特定できるものについては,ラインケ結晶を確認できない間質性黄体腫Stromal luteoma 8610/ 0,確認できる門細胞腫Hilus cell tumor 8660/ 0,あるいは非門型ライデッヒ細胞腫Leydig cell tumor, non-hilar type 8650/1 に亜分類できる。悪性性格を示すものは悪性ステロイド細胞腫瘍8670/3 とする。
  4. D.混合型性索間質性腫瘍 Sex cord-stromal tumor, mixed cell type
    1. 1.
      輪状細管を伴う性索腫瘍 Sex cord tumor with annular tubules
      8623/ 1
    2. 2.
      ギナンドロブラストーマ Gynandroblastoma
      8632/ 1
      * 構成成分を明記する。
  5. E.
    分類不能型性索間質性腫瘍 Sex cord-stromal tumor, unclassified cell typess
    8590/ 1
Ⅲ.胚細胞腫瘍 Germ cell tumors
  1. A.
    ディスジャーミノーマ Dysgerminoma
    9060/ 3
  2. B.
    卵黄囊腫瘍 Yolk sac tumor
    9071/ 3
  3. C.
    胎芽性癌 Embryonal carcinoma
    9070/ 3
  4. D.
    多胎芽腫 Polyembryoma
    9072/ 3
  5. E.
    非妊娠性絨毛癌 Non-gestational choriocarcinoma
    9100/ 3
  6. F.奇形腫 Teratoma
    1. 1.2 胚葉性あるいは3 胚葉性奇形腫 Biphasic or triphasic teratoma
      1. a.
        未熟奇形腫 Immature teratoma
        9080/ 3
      2. b.
        成熟奇形腫 Mature teratoma
        9080/ 0
        1. 1)充実性 Solid
        2. 2)囊胞性 Cystic〔皮様囊腫 Dermoid cyst〕
        3. 3)胎児型 Fetiform〔こびと型 Homunculus〕
    2. 2.単胚葉性奇形腫および成熟奇形腫に伴う体細胞型腫瘍 Monodermal teratoma and somatic-type tumors associated with mature teratoma
      1. a.
        卵巣甲状腺腫 Struma ovarii
        9090/ 0
        * 甲状腺組織が悪性像を示すときは悪性卵巣甲状腺腫Malignant struma ovarii 9090/ 3 とし,甲状腺癌としての組織型を付記する。
      2. b.カルチノイド腫瘍 Carcinoid tumor
        1. 1)
          甲状腺腫性カルチノイド Strumal carcinoid
          9091/ 1
        2. 2)
          島状カルチノイド Insular carcinoidi
          8240/ 3
        3. 3)
          索状カルチノイド Trabecular carcinoidi
          8240/ 3
        4. 4)
          粘液性カルチノイド Mucinous carcinoidi
          8243/ 3
        5. 5)混合型 Mixed
          *構成成分を明記する。
      3. c.神経外胚葉性腫瘍群 Neuroectodermal tumor group
        *組織型を明記する。
      4. d.癌腫群 Carcinoma group
        1. 1)
          扁平上皮癌 Squamous cell carcinoma
          8070/ 3
        2. 2)
          腺癌 Adenocarcinoma
          8140/ 3
        3. 3)その他 Others
      5. e.メラノサイト群 Melanocytic group
        *組織型を明記する。
      6. f.その他 Others
  7. G.混合型胚細胞腫瘍 Mixed germ cell tumors
    *構成成分を明記する。
Ⅳ.胚細胞・性索間質性腫瘍 Germ cell-sex cord-stromal tumors
  1. a.
    性腺芽腫 Gonadoblastoma
    9073/ 1
  2. b.混合性胚細胞・性索間質性腫瘍 Mixed germ cell-sex cord-stromal tumor
Ⅴ.卵巣網の腫瘍 Tumors of the rete ovarii
  1. a.
    腺腫 Adenoma
    9110/ 0
  2. b.
    腺癌 Adenocarcinoma
    9110/ 3
Ⅵ.その他の腫瘍 Miscellaneous tumors
  1. a.
    小細胞癌 Small cell carcinoma
    8041/ 3
    * それぞれに特徴的な形態を示すときは高カルシウム血症型Hypercalcemic type,肺型Pulmonary typeとする。そうでない場合は小細胞癌の診断にとどめる。
  2. b.
    大細胞神経内分泌癌 Large cell neuroendocrine carcinoma
    8013/ 3
  3. c.
    肝様癌 Hepatoid carcinoma
    8576/ 3
  4. d.中皮性腫瘍 Mesothelial tumors
  5. e.妊娠性絨毛性疾患 Gestational trophoblastic diseases
  6. f.
    ウォルフ管腫瘍 Wolffian tumor
    9110/ 1
  7. g.軟部腫瘍 Soft tissue tumors
  8. h.悪性リンパ腫,造血細胞腫瘍 Malignant lymphoma,Hematopoietic tumors
  9. i.その他 Others
Ⅶ.腫瘍様病変 Tumor-like conditions
  1. A.囊胞形成群 Cyst-forming group
    1. a.子宮内膜症性囊胞 Endometriotic cyst
    2. b.表層上皮封入囊胞 Surface epithelial inclusion cyst
    3. c.孤在性卵胞囊胞および黄体囊囊胞 Solitary follicle cyst and corpus luteum cyst
    4. d.妊娠性および産褥性大型孤在性黄体化卵胞囊胞 Large solitary luteinized follicle cyst of pregnancy and puerperium
    5. e.多発性卵胞囊胞 Multiple follicle cysts
    6. f.多発性黄体化卵胞囊胞 Multiple luteinized follicle cysts(黄体化過剰反応 Hyperreactio luteinalis)
    7. g.分類不能囊胞 Unclassified cyst
  2. B.間質過形成群 Stromal hyperplasia group
    1. a.妊娠黄体腫 Luteoma of pregnancy(Pregnancy luteoma)
    2. b.間質過形成 Stromal hyperplasia
    3. c.間質性莢膜細胞過形成 Stromal hyperthecosis
    4. d.線維腫症 Fibromatosis
    5. e.広汎性浮腫 Massive edema
  3. C.その他 Others
Ⅷ.二次性腫瘍 Secondary tumors〔転移性腫瘍 Metastatic tumors〕
  1. 附.腹膜腫瘍
  2. A.中皮性腫瘍 Mesothelial tumors
    1. a.
      良性中皮腫 Benign mesothelioma
      9050/ 0
    2. b.
      悪性中皮腫 Malignant mesothelioma
      9050/ 3
    3. c.
      高分化乳頭状中皮腫 Well differentiated papillary mesothelioma
      9052/ 0
    4. d.
      多囊胞性中皮腫 Multicystic mesothelioma
      9055/ 1
    5. e.
      アデノマトイド腫瘍 Adenomatoid tumor
      9054/ 0
  3. B.平滑筋腫瘍 Smooth muscle tumors
    1. a.
      播種性腹膜平滑筋腫症 Leiomyomatosis peritonealis disseminata
      8890/ 1
  4. C.起源不明の腫瘍 Tumors of uncertain origin
    1. a.
      線維形成性小円形細胞腫瘍 Desmoplastic small round cell tumor
      8806/ 3
  5. D.上皮性腫瘍 Epithelial tumors
    1. a.
      原発性腹膜漿液性腺癌 Primary peritoneal serous adenocarcinoma
      8461/ 3
    2. b.原発性腹膜境界悪性腫瘍 Primary peritoneal borderline tumor
      *組織型を明記する。
    3. その他 Others
〔卵巣腫瘍取扱い規約 第1 部 第2 版(2009 年12 月,金原出版)より〕
2.WHO Classification of tumours of the ovary 2014a, b
Epithelial tumours
Serous Tumours
Benign
Serous cystadenoma
8441/ 0
Serous adenofibroma
9014/ 0
Serous surface papilloma
8461/ 0
Borderline
Serous borderline tumour/ Atypical proliferative serous tumour
8442/ 1
Serous borderline tumour-micropapillary variant/ Non-invasive low-grade serous carcinoma
8460/ 2 *
Malignant
Low-grade serous carcinoma
8460/ 3
High-grade serous carcinoma
8461/ 3
Mucinous tumours
Benign
Mucinous cystadenoma
8470/ 0
Mucinous adenofibroma
9015/ 0
Borderline
Mucinous borderline tumour/Atypical proliferative mucinous tumour
8472/ 1
Malignant
Mucinous carcinoma
8480/ 3
Endometrioid tumours
Benign
Endometriotic cyst
Endometrioid cystadenoma
8380/ 0
Endometrioid adenofibroma
8381/ 0
Borderline
Endometrioid borderline tumour/ Atypical proliferative endometrioid tumour
8380/ 1
Malignant
Endometrioid carcinoma
8380/ 3
Clear cell tumours
Benign
Clear cell cystadenoma
8443/ 0
Clear cell adenofibroma
8313/ 0
Borderline
Clear cell borderline tumour/ Atypical proliferative clear cell tumour
8313/ 1
Malignant
Clear cell carcinoma
8310/ 3
Brenner tumours
Benign
Brenner tumour
9000/ 0
Borderline
Borderline Brenner tumour/ Atypical proliferative Brenner tumour
9000/ 1
Malignant
Malignant Brenner tumour
9000/ 3
Seromucinous tumours
Benign
Seromucinous cystadenoma
8474/ 0 *
Seromucinous adenofibroma
9014/ 0 *
Borderline
Seromucinous borderline tumour/ Atypical proliferative seromucinous tumour
8474/ 1 *
Malignant
Seromucinous carcinoma
8474/ 3 *
Undifferentiated carcinoma
8020/3
Mesenchymal tumours
Low-grade endometrioid stromal sarcoma
8931/ 3
High-grade endometrioid stromal sarcoma
8930/ 3
Mixed epithelial and mesenchymal tumours
tumours
Adenosarcoma
8933/ 3
Carcinosarcoma
8980/ 3
Sex cord-stromal tumours
Pure stromal tumours
Fibromaa
8810/ 0
Cellulara fibroma
8810/ 1
Thecomaa
8600/ 0
Luteinized thecoma associated with sclerosing peritonitisa
8601/ 0
Fibrosarcomaa
8810/ 3
Sclerosing stromal tumoura
8602/ 0
Signet-ring stromal tumoura
8590/ 0
Microcystic stromal tumoura
8590/ 0
Leydig cell tumoura
8650/ 0
Steroid cell tumoura
8760/ 0
Steroid cell tumour, malignanta
8760/ 3
Pure sex cord tumours
Adult granulosa cell tumour
8620/ 3
Juvenile granulosa cell tumour
8622/ 1
Sertoli cell tumour
8640/ 1
Sex cord tumour with annular tubules
8623/ 1
Mixed sex cord-stromal tumours
Sertoli-Leydig cell tumours
Well differentiated
8631/ 0
Moderately differentiated
8631/ 1
 With heterologous elements
8634/ 1
Poorly differentiated
8631/ 3
 With heterologous elements
8634/ 3
Retiform
8633/ 1
 With heterologous elements
8634/ 1
Sex cord-stromal tumours, NOS
8590/ 1
Germ cell tumours
Dysgerminoma
9060/ 3
Yolk sac tumour
9071/ 3
Embryonal carcinoma
9070/ 3
Non-gestational choriocarcinoma
9100/ 3
Mature teratoma
9080/ 0
Immature teratoma
9080/ 3
Mixed germ cell tumour
9085/ 3
Monodermal teratoma and somatic-type tumours arising from a dermoid cyst
Struma ovarii, benign
9090/ 0
Struma ovarii, malignant
9090/ 3
Carcinoid
8240/ 3
Strumal carcinoid
9091/ 1
Mucinous carcinoid
8243/ 3
Neuroectodermal-type tumours
Sebaceous tumours
Sebaceous adenoma
8410/ 0
Sebaceous carcinoma
8410/ 3
Other rare monodermal teratomas
Carcinomas
Squamous cell carcinoma
8070/ 3
Others
Germ cell-sex cord-stromal tumours
Gonadoblastoma, including gonadoblastoma with malignant germ cell tumour
9073/ 1
Mixed germ cell-sex cord-stromal tumour, unclassified
8594/ 1 *
Miscellaneous tumours
Tumours of rete ovarii
Adenoma of rete ovarii
9110/ 0
Adenocarcinoma of rete ovarii
9110/ 3
Wolffian tumour
9110/ 1
Small cell carcinoma, hypercalcaemic type
8044/ 3 *
Small cell carcinoma, pulmonary type
8041/ 3
Wilms tumour
8960/ 3
Paraganglioma
8693/ 1
Solid pseudopapillary neoplasm
8452/ 1
Mesothelial tumours
Adenomatoid tumour
9054/ 0
Mesothelioma
9050/ 3
Soft tissue tumours
Myxoma
8840/ 0
Others
Tumour-like lesions
Follicle cyst
Corpus luteum cyst
Large solitary luteinized follicle cyst
Hyperreactio luteinalis
Pregnancy luteoma
Stromal hyperplasia
Stromal hyperthecosis
Fibromatosis
Massive oedema
Leydig cell hyperplasia
Others
Lymphoid and myeloid tumours
Lymphomas
Plasmacytoma
9734/ 3
Myeloid neoplasms
Secondary tumours
a The morphology codes are from the International Classification of Diseases for Oncology(ICD-O){575A}. Behaviour is coded / 0 for benign tumours, / 1 for unspecified, borderline or uncertain behaviour, / 2 for carcinoma in situ and grade Ⅲ intraepithelial neoplasia and / 3 for malignant tumours; b The classification is modified from the previous WHO classific ation of tumours {1906A}, taking into account changes in our understanding of these lesions; *These new codes were approved by the IARC/ WHO Committee for ICD-O in 2013.

〔WHO Classification of Tumours of Female Reproductive Organs. Fourth Edition(2014, IARC Press)より〕

【コラム】卵巣がんの腹膜播種について過剰に恐怖心を煽る病院等に注意ください

いつもスマイリーの活動にご理解いただきありがとうございます。
代表の片木です。
  
最近、スマイリーに「腹膜播種治療」の専門性を掲げる医療機関に関する問い合わせが増えています。
 
卵巣がんに「腹膜播種」はよくあります。
よくある話なので、卵巣がんの治療を行う先生方はその対応もしっかりできることから特別なにか専門的な医療機関にかかる必要はありません。
 
しかし、一部の医療機関が過剰に不安を煽る(1ヶ月以内に死に至るなど)言葉をホームページに書き、無料で電話相談を受け付けるとし、電話でも「今すぐ自分のところで治療をしないと死ぬ」「自分は腹膜播種の専門家だから自分だけが治せる」といった呪いのような言葉を言われたという相談が増えています。
腹膜播種に関する「教えて!●●●●!」系の口コミサイトには腹膜播種に悩む患者さんに、医療職だと名乗る人物がこの医療機関をオススメしているも見受けられることからその医療機関にたどり着く患者さんも多いようです。
 
しかしよく考えてください。
口コミサイトの回答者は本当に
「卵巣がんを熟知した専門家がすすめているのでしょうか」
「医療職だと名乗る人物は本当に医療職なのでしょうか」
「その医療機関が宣伝のために解凍しているのではないでしょうか」
(あくまでもスマイリーの推測)
つまり、ネットでの回答は誰でもできるということです。

また、腹膜播種の専門という医師は電話相談等で患者さんの不安を過剰に煽るそうですが、そんな医師が患者さん本位の治療を本当に行ってくれるのでしょうか。
またその医療機関の設備は、患者さんが安心して治療を受けられる設備があるように見えますか?
 
どうか腹膜播種を過剰に怖がらないでください。
もちろん、卵巣がんと向き合う患者さんが日々不安の中におられて「何かいい方法がないか」考えられる気持ちは理解していますが、それを逆手に取り、不安を煽るビジネスのようなものが増えていることも知ってください。
 
ちなみに5年前、2012年の婦人科腫瘍学会でスマイリーはブースを出していたんですが、腹膜播種専門を名乗る医師が私の不在時にブースにきたそうです。
当会の会員が治療中であることを伝えると「僕にかからないと1ヶ月以内に死ぬよ」と言ったそうです。
ブースに私が戻った時には5人のスタッフが真っ青な顔をしていて驚いたのですが(その日に参加していたのは、初発治療が終わったばかりの患者さんや再発治療中の患者さんだったので)、その5人全員がそんな腹膜播種専門の病院に行かなくても今も生きています。
本当に患者の気持ちをなんだと思ってるんだと、怒りを覚えます。
 
どうか、今の主治医とみなさんのがんの状況をしっかり話し合いどの治療が最善か、効果や副作用をしっかり聞いて、またみなさんが生活面で優先したいことなども伝えた上でどうすればいいか話し合ってください。
場合によってはセカンドオピニオンも取られるといいと思います。
 
また、腹膜播種や腹水に里芋と小麦粉を練ったものをお腹にはり、湿疹みたいなのが出たら好転反応とするような民間療法を宣伝しているサイトもあるようですが、それで皮膚障害が起きてしまって辛い思いをされている患者さんもおられますのでご注意いただけましたら幸いです。
自己判断をする前に医師に、腹水が辛いなど伝えて適切な対処をしてもらえれば幸いです。
 
近日、スマイリーでは腹膜播種の不安を過剰に煽るこうした医療機関について注意喚起してもらうよう学会等にも働きかけるつもりです。

2017年11月3日金曜日

【お知らせ】がん治療に伴う皮膚障害に用いられる保湿剤について要望を提出します。

いつもスマイリーの活動にご理解いただきありがとうございます。

がん治療において皮膚の乾燥や炎症に伴うかゆみなどに対して処方される保湿剤について、一部目的外使用(美容目的など)をする方がおり問題となり、現在厚生労働省の中央社会保険医療協議会で関連する議論が進められております。

私たちがん患者にとって手術、放射線治療、化学療法において皮膚障害が出ることがあり、保湿剤が欠かせません。

一部のルール違反を行う人たちのせいで、私たちがん患者が必要とするお薬の処方に影響が出ることがないよう厚生労働省に対して11月6日に要望書を提出することにしました。

本来は要望書を出してから報告すべきではと思いましたが、多くのがん患者さんに関連する問題でありますので、提出前ではありますがご報告させて頂きます。

なお要望書に関しては下記をご覧ください。
https://drive.google.com/file/d/0B4dfdWVZgzTGSEVzRjBUNHpuMU0/view?usp=sharing

2017年10月28日土曜日

【お知らせ】しゃべりば11月18日開催

いつもスマイリーの活動にご理解いただきありがとうございます。
昨年、10ヶ月ほどテスト開催させていただきましたしゃべり場ですが、今年は卵巣がん・スマイリー限定で不定期開催します。
 
会員さんは、会員限定SNSのイベント11月18日のところに詳細をアップしておりますのでご確認ください

2017年10月15日日曜日

【お知らせ】スマイリーの会員専用SNS暫定復帰しております。

いつもスマイリーの活動にご理解いただきありがとうございます
SNSをお借りしている運営業者側のトラブルで一時的にSNSが使えなくなってしまっていましたが、暫定的な復帰をしていただいております。

改めて、サークルスクエアのページからアカウントとパスワードを入れていただく形になりますがよろしくお願いします。

なお、携帯などの通知設定をしてくださってる方は、下記にありますように、c-sqr.jpのメールを受信するように、またスマホアプリ(あったんですねー知らなかった)からのログインは引き続きできないのでスマホの方もブラウザからのログインになりますがよろしくお願いします。


**********

サークルスクエア 団体管理者 様

いつもサークルスクエアをご利用いただきまして誠にありがとうございます。10/10 からアクセス障害が発生し、サークルスクエアをご利用頂けない状態が続いておりました。ご迷惑をおかけして本当に申し訳ございません。
本来のドメイン c-sqr.net は未だ復旧できておりませんが、 https://www.c-sqr.jp での暫定運用を開始致しました。
メール配信を含む全機能が動いておりますが、スマホアプリが利用できないなど、いくつかの制限事項がございます。
※ 本件に関しましてデータやファイルの破損はございません。※ ログイン画面 https://www.c-sqr.jp/loginform.php から、これまでと同じアカウント情報でログインしてご利用ください。
また、システムの制限により全メンバーへの連絡をサークルスクエアの運営側で実施するのが難しいため、 https://www.c-sqr.jp での運用開始につきまして、各メンバーの皆様へのご連絡は管理者様の方からお願い致します。お手数をおかけして申し訳ございません。
ドメイン指定受信やスパムフィルターの兼ね合いで、新しいドメインからのメールが受信できないメンバーがいる可能性がございます。こちらもお手数ですが c-sqr.jp の新しいドメインでメールを受信して頂けるように設定追加をお願い致します。
引き続き、根本解決に向けての対応を継続して参ります。

2017年10月13日金曜日

【お知らせ】国立がん研究センター発行のがんの冊子「卵巣がん」最新版公開!

いつもスマイリーの活動にご理解いただきありがとうございます。
さて、下記に、国立がん研究センターがん情報サービスのFacebookのお知らせを転載します。
卵巣がんの初回治療を受ける患者さんには必ず目を通してほしい情報です。
*************
がんの冊子 各種がんシリーズ
「卵巣がん」第3版
のPDFファイルを掲載しました。
「卵巣がん治療ガイドライン2015年版」
「卵巣腫瘍・卵管癌・腹膜癌取扱い規約 病理編 第1版(2016年)」
の内容を反映しており、第2版(2012年3月発行)より5年ぶりの更新となります。

全国のがん診療連携拠点病院のがん相談支援センターに冊子体が設置されるのは、12月以降となります。
まずは、PDFファイルをダウンロードして、ご覧ください。